看護師が新卒の病院を辞めて病院以外に転職

看護師が新卒の病院を辞めて病院以外に転職

新卒で夢を持ち入職した病院で上手くいかないと、絶望的な気分になります。。命を預かるプレッシャーに苦しみ、プリセプターの心無い言葉に傷付き、慣れない作業に緊張し、睡眠不足で判断力が鈍る、ふらふらな状態で自信を失って、職場を辞めたいと感じてしまう、本当につらい話です。 臨床の現場は耐えられないと病院以外の職場へ転職を決意する新人看護師もたくさんいます。そこで今回は新人看護師が病院以外の職場へ転職する場合、どのような点に気をつけるべきなのか、考えたいと思います。

■病院以外は報われない苦労が多い
結論から先に言いますが、病院以外にも苦労はあります。しかもその苦労が、看護師として報われない場合が病院以外では多いです。例えば病院の場合は、どれだけ緊張しても、どれだけ怒鳴られても、どれだけいじめられても、その苦労を乗り越えれば目標や憧れにたどり着けるという期待があります。 しかし、病院以外の場合、例えば老人ホームやデイサービスに転職をした上で何らかの壁に直面した場合、その苦労を乗り越えても報われない、どこにもたどり着かないと感じてしまうケースが多いのです。

■老人ホームの例
老人ホームは介護職の方が主役の職場です。病院では医療関係者が主役ですが、老人ホームでの看護師はあくまでもサポート役です。 そういった職場では当然、介護士が権力を持っていますし、人数的にも圧倒的な大所帯になっています。いじめもありますし、看護職への不理解、意地の張り合いなども多かれ少なかれ生じてきます。 そうした苦労が出てきたとき、病院ならばその壁を乗り越えたときにたどり着ける場所が何となくイメージできて心の支えにもなりますが、老人ホームの場合はイメージができません看護師が主役の職場は病院しかないので、やりがいを喪失し、看護職の存在意義を失い、疲れ果ててしまうだけなのです。

■病院以外に転職する場合は、人間関係をとにかく重視する
厳しい言い方をすれば、医療の現場以上に看護師がやりがいと誇りを感じられる職場はこの世に存在しません。そもそも看護師は医療に従事するための職業だからです。それでも老人ホームやデイサービスなど介護福祉の業界、美容クリニックなど自由診療の業界に転職するとなれば、最低限でも恵まれた同僚や先輩を持たなければモチベーションの維持は困難です。 仕事そのものは医療機関や医療の現場ほどエキサイティングではなく、実力の全てを発揮できる場所ではなかったとしても、尊敬できる先輩と心を開いて何でも話せる同僚が居れば、その職場に居たいと思えるはずです。 その職場に居たいと思えば、与えられた場所で頑張ろうという動機も後から付いてきます。しかし、人間関係まで最悪の職場だったら、その場所に居る意味は何1つ得られません。

■転職支援サービスの勧め
病院以外に転職を考えているのなら、事前の内部調査は絶対に欠かさないでください。例えば『ナースフル』など転職支援サービスやハローワークなどのスタッフにいろいろとお願いをすれば、そういった人間関係などのソフトな部分まで教えてくれます。 慎重に下調べをしてから、ここだと思える場所に転職をしてください。次の転職では失敗しないように、転職支援サービスなどのスタッフをとことん味方に付けて頑張ってください。

新卒の看護師求人サイトランキング!まずはここに登録!

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースではたらこ

URL:https://iryo-de-hatarako.net/ ※業界大手のディップの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※医療・介護専門の派遣会社




新卒の看護師の転職活動

新卒看護師のFAQ

地域別の看護師新卒求人


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人@新卒向け求人サイトランキング All Rights Reserved.